村上なつみ。お天気キャスター。法政大のかわいい気象予報士。サイズは?【news zero】

こんにちは。

ごっちゃんです!

この記事は

50代のごっちゃんが

おじさんの視点から

気になる事を

発信していきます。

今回は

日本テレビの番組news zero』

で10月からお天気キャスターとして

抜擢された

村上なつみさんについて

調べてみました。

  • 村上なつみ。お天気キャスターは法政大学生!
  • 村上なつみ。お天気キャスターはかわいい気象予報士!
  • 村上なつみ。お天気キャスターの気になるサイズは?

など 村上なつみさんについて

書いていきます。

スポンサーリンク

1.村上なつみ。お天気キャスターは法政大学生!


出典元:https://sp.centforce.net/

<プロフィール>

名前:村上なつみ(むらかみなつみ)

生年月日:2000年5月21日

年齢:20歳(2020年現在)

出身地:東京都

血液型:O型

学歴:法政大学文学部地理学科在学中

趣味:映画鑑賞、ギター、読書

特技:スノーボード、美味しそうに食べること

資格:気象予報士

法政大学文学部に在籍中の気象予報士、村上なつみさん(20)が、日本テレビ系のニュース番組「news zero」のお天気キャスターを担当することが分かった。10月1日の放送から出演する。

 高校2年生から気象予報士の勉強を始め、 今年の3月に、6回目の挑戦で試験合格を果たした努力家。キャスター就任が決まり、「ビックリしました。『news zero』は今まで一番見ていた報道番組だったので、うれしく思っています」とコメント。

 「とにかく頼れる気象予報士になりたいです」と気合十分で、「まだ20歳ということもあり、最初は、どうしても頼もしさに欠けてしまうところはあるかもしれませんが、台風や災害の時も、視聴者の皆さんに信頼いただける存在になれればと思っています」と意気込んでいる。

 「news zero」総合デスクの大井秀一さんは「初めてお会いしたときに、『気象情報を伝えることで、視聴者の命を守りたい』という熱い思いを話しながら、涙されたのが印象に残っています。その熱意で、新しいスタイルの『news zero』でしかできない気象情報を一緒に伝えていければと思います」と期待している。

引用元:https://mainichikirei.jp/

気象予報士の資格試験は

超難関と言われています。

気象予報士の資格を取得するには

年2回行われる気象予報士試験に

合格しなければいけません。

この試験は、近年では合格率が

約4%と超難関です。

1回で合格することはまれで

何度か受験して合格する方法が

一般的のようです。

その試験に合格されたのですから

頭脳明晰なお嬢さんのようですね。

スポンサーリンク

2.村上なつみ。お天気キャスターはかわいい気象予報士!


出典元:https://tanonews.com/

超難関の気象予報士の資格を持つ

才女の村上なつみさんですが

とても清楚でかわいらしい女性ですね。

男性からの支持は間違いなく

高いと思いますが

いかがですか?

小学生の頃は『アナウンサー』に

なりたかったみたいですね。

中学生のころから『気象予報士』に

興味を持ち始めたようです。

そして現在の法政大学では

文学部地理学科で学びながら

お天気キャスターとしての

道を歩み始めました。

学生との二足のわらじで

大変だと思いますが

頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

3.村上なつみ。お天気キャスターの気になるサイズは?


出典元:https://twitter.com/

頭脳明晰で容姿端麗

村上なつみさんですが

スリーサイズが気になりませんか?

調べてみました。

身長:164cm です。

女性としては高いほうなのかな?

その他、体重や他のサイズに関しては

公表されていません。

不明です。

ごめんなさい。

ここからは憶測になりますが

サイズこそ不明ですが

CカップとかDカップとかの

記述はありました。

が、どうなんでしょうか?

中学時代はテニス部で活躍されて

いたようですから運動は苦手では

ないと思います。

高校時代は軽音楽部で

ギターを弾いていたそうです。

まさしく文武両道の

才女ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

10月から『news zero』で

お天気キャスターとして

抜擢された村上なつみさんについて

書いてみました。

これから注目を集めて

大ブレイクする予感がします。

皆さんも応援して下さいね。

いかがでしたか?

参考になりましたでしょうか?

みなさまのお役に立てれば幸いです。

それでは、また。

スポンサーリンク