宮﨑知子。元湯陣屋の女将。旅館経営と収入!【NHK 逆転人生】

こんにちは。

ごっちゃんです!

この記事は

50代のごっちゃんが

おじさんの視点から

気になる事を

発信していきます。

今回は

10月5日のNHKの番組

『逆転人生』

に出演された

宮﨑知子さんについて

調べてみました。

  • 宮﨑知子。元湯陣屋の女将。
  • 宮﨑知子。旅館経営の改革。
  • 宮﨑知子。現在の収入は!

など 宮﨑知子さんについて

書いていきます。

スポンサーリンク

1.宮﨑知子。元湯陣屋の女将。


出典元:https://grateful-japan.jp/

まずはじめに

宮﨑知子さんとは

どの様な人物なのでしょうか?

<プロフィール>

名前:宮﨑知子(みやざきともこ)

生年月日:1977年○月○日

年齢:43才(2020年現在)

出身地:東京都

学歴:昭和女子大学文学部卒業

現職:株式会社陣屋ホールディングス
株式会社陣屋、株式会社陣屋コネクト
の代表取締役を務める。

現在は、神奈川県の鶴巻温泉にある

創業100年の老舗旅館『元湯陣屋』

を運営する『陣屋グループ』の

代表取締役として陣頭指揮を取る

輝く女性経営者です。

しかし、宮﨑さんは老舗旅館が

生家ではないのです。

老舗旅館のご子息である

宮﨑富夫さんとご結婚されたのが

ことの始まりなのです。

ご主人の富夫さんは、結婚当時は

大手自動車メーカーのホンダの

エンジニアリングでした。

富夫さんは実家の旅館業を継ぐ気は

まったくなく先代も承知の上で

あったそうです。

2006年にお二人は結婚し翌年には

子宝にも恵まれ

まさに幸せの絶頂にいました。

結婚して2年がたった

2008年に老舗旅館のオーナーであった

富夫さんの父上が急死されます。

その後は富夫さんのお母上が女将として

旅館を切り盛りしていたのですが

1年経ったある日

旅館には10億円という多額の負債が

あり息子である富夫さんも連帯保証人に

なっていることを知らされます。

そして先代女将は

心労が重なり入院します。

保証人だった富夫さんが

交渉することになります。

まず旅館の売却を検討しましたが

提示された買取り額は

たったの1万円だったそうです。

旅館すべてを失って1万円もらうか

借金10億円を抱えて戦うか……

究極の二択に苦悩する富夫さん

「ねえ、あなた。もう私たちで

やるしかないんじゃない? 

あなたも連帯保証人なんだし。

それに本当は

宮崎の家を守りたいんでしょ?」

と知子さんは言いました。

そして富夫さん知子さんのお二人は

借金10億円を抱え戦う道を選びました。

2009年10月

知子さんは、31歳の若さで

老舗旅館「元湯陣屋」の女将に

就任します。

びっくり仰天!ですね。

人生何が起こるかわかりませんが

まさに『逆転人生』です。

スポンサーリンク

2.宮﨑知子。旅館経営の改革。


出典元:https://wedge.ismedia.jp/

借金10億の赤字経営を続ける

老舗旅館を継いだ富夫さんと知子さん

はどの様に改革したのでしょうか?

旅館業の経験などまったくない2人です。

まず役割分担をします。

経営や銀行との交渉などは

富夫さんが。

知子さんは女将として実務全般を

取り仕切ります。

しかし先代の義母は入院中なので

女将業を教えてくれる人はいません。

素人だった知子さん

従業員たちの仕事を見ているうちに

老舗旅館の数々の問題が

見えて来たそうです。

見えた問題点① 従業員が多すぎる!

当時、20室という客室に対して

120人の従業員がいました。

見えた問題点② 派閥争い!

120人も従業員がいるので

派閥もできます。

当時は本館と別館が

ありそれぞれの厨房を中心に

変な派閥争いがあったそうです。

<問題解決へ向けて>

①現状の説明

包み隠さず、現在の状況を話しました。

従業員はそこまで泥舟状態であったとは

おもわず辞めていく従業員

いたそうです。

②分業制から協業制へ

いままでは完全な分業制であったため

自分の役割以外はやらない。

暇で時間があっても他部署の

手伝いをしない状況を

打開していく。

③ITシステムの導入

ついてこれない従業員は退職していき

人手不足になりましたが

元エンジニアの富夫さんらしい発想で

ITシステムを導入し少ない人数で

効率的に業務ができるように

変革をしていきます。

④営業日の見直し

旅館業としては異例の

週休3日制を導入します。

休前日に集中する宿泊客。

お客の少ない月~水曜日までを

思い切って休業にすることで

コストカットをはかり

木~日曜日の4日間に

全てを集中する。

結果、従業員の集中力も増し

サービスの向上に繋がりました。

こうして老舗旅館『湯本陣屋』は

V字回復をしていきます。

そしてその勢いは留まることなく

今なお、改革にトライしています。

今まで旅館業に携わっていなかった

プロの素人として冷静に現状把握が

でき、不要な「今までの常識や慣習」

にとらわれることなく的確な改革が

できたのですね。

しかも大胆かつ繊細に。

こうして文字にしてみると

これだけの字数ですが、実際は

計り知れないお二人の努力が

あったと思います。

スポンサーリンク

3.宮﨑知子。収入は!


出典元:https://switchbright.jp/

陣屋グループの売上は

どの様に推移しているのでしょうか?


出典元:https://corp.jinya-connect.com/

就任当時の2009年は

売上総額 2億9000万円

であったものが

2年前のデータではあるが

2018年には 8億1700万円まで

大幅に伸ばしています。

すごいですね。

宮﨑知子さん個人の収入は

もちろん発表されていませんが

こんな情報があります。

旅館の女将の給料は旅館の規模・ランク、自営なのか、雇われ女将かによって差があります。

女将見習いや女将としての実績がない場合の給料は、年収300万円程度、月収にすると20万円程度、時給だと1.250円程度からのスタートとなる事が多いようです。

女将経験者などのスキルがある場合の給料は年収400万円程度〜500万円程度、月収だと30万円〜40万円程度、時給だと1.800円〜2.500円程度の契約となることが見込めます。

自身で旅館を経営していたり、女将としての行動で旅館の業績がとても好調だった際は年収1000万円となる事もあるようです。

引用元:https://hoteljinzai.com/

これからすると

年収1000万円はあると思います。

それ以上の働きをされている

敏腕経営者ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

老舗旅館『元湯陣屋』を

運営する『陣屋グループ』の

代表取締役である

宮﨑知子さんについて

書いてみました。

普通の結婚生活から

借金10億をかかえる

老舗旅館の女将になり

手腕を発揮して

驚異的なV字回復を行い

ここでも『逆転人生』

演じました。

素敵な女性ですね。

是非一度宿泊に行ってみたいと

思いました。

これからの大活躍も

応援したいですね。

いかがでしたか?

参考になりましたでしょうか?

みなさまのお役に立てれば幸いです。

それでは、また。

スポンサーリンク