葛城ユキの若い頃と代表曲や家族は?(ロックシンガー逝去)

こんにちは。

ごっちゃんです!

この記事は

50代のごっちゃんが

おじさんの視点から

気になる事を

発信していきます。

 

2022年6月27日に

ロックシンガーの

葛城ユキさんが

逝去されたニュースがはいりました。

 

今回は

葛城ユキさんについて

調べてみました。

 

  • 葛城ユキさんの若い頃は?
  • 葛城ユキさんの代表曲は?
  • 葛城ユキさんの家族は?

 

について書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

葛城ユキさんの若い頃は?


出典元:https://www.sponichi.co.jp

葛城ユキさんの

プロフィールを紹介します。

名前 葛城ユキ(かつらぎ・ゆき)
本名 田中小夜子(たなか・さよこ)
生年月日 1949年5月25日(2022年で73歳で逝去)
出身地 岡山県川上郡川上町
身長 167cm
学歴 片山女子高等学校(現在の倉敷翠松高等学校)
職業 歌手・作曲家

 

葛城ユキさんの経歴です。

高校時代 バレーボール部のアタッカーとして活躍。国体出場2回、全国大会出場1回。
高校卒業後 バレーボール実業団の倉敷紡績入団。アタッカーとして入団するも身長が足らずセッター転向を言い渡されるが不満に思い1ケ月で退団する。音楽をやりたい希望もあり大阪に移住し音楽スクールに通う。
1969年11月(20歳) 田中小夜子名義で『夜を返して』でデビュー。
1973年(24歳) 朝霧マチ名義で『小さな出発』でヤマハポプコンで歌唱賞受賞する。
1974~76年(25~26歳) 葛城ゆきに改名し『木曽は山の中』『蛍』『泣かせて今夜は』リリース。
1977年~(27歳) 葛城ユキに改名する。
1980年(31歳) ボニー・タイラーの「Sitting on the Edge of the Ocean」のカバー曲「哀しみのオーシャン」がヒット。
1983年(34歳) 飛鳥涼と井上大輔が大友裕子に提供した「ボヘミアン」をカバーし大ヒット。自身の代表作となる。
1986年(37歳) 中国広東省珠海市『珍珠楽園』で日本人女性ロックシンガー初のコンサートを開催し3日間でのべ3万人を動員。
2003年(54歳) フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』の収録中に「人間大砲」のゲームでウレタンが敷き詰められたプールに頭から突っ込むように落下した際、第7胸椎粉砕骨折、第8胸椎脱臼の重傷を負った。背中にチタンの支柱を埋め込む大手術を受け、当時は体を1ミリも動かせず引退も覚悟したが、驚異的に回復し翌年5月10日に復帰ライブを開いている。その2週間後、自身の誕生日でもある5月25日に初の自作曲「Pride~for you」を復帰シングルとして発売した。
2014年(65歳) 出身地の岡山県のPRソング『もんげー岡山!』の歌唱を担当。
2018年(69歳) 男子テニスの楽天ジャパンオープン決勝・錦織圭対ダニール・メドベージェフ戦の試合前に国歌斉唱を行った。
2020年(71歳) 『徹子の部屋』へゲスト出演。認知症になりその後亡くなった最愛の母親の思い出話に、親友のロザンナなどの歌手仲間の話や料理が得意で共演者の楽屋へ弁当やおかずを調理して振る舞うなどの話を黒柳徹子に話している。
2021年4月(72歳) ステージ4の原発性腹膜がんを患っていることを発表。歌謡ユニット「夢スター 春・秋」の平浩二がくも膜下出血で緊急搬送されたことなどをきっかけに人間ドックを受診した結果、判明したものであった。同月26日と27日に行われるコンサートは予定通り行い、翌5月より入院した上で治療に専念した。
2022年5月(73歳) 千葉県成田市の成田国際文化会館で行われたジョイントコンサート「夢スター 春・秋」に病気療養中であったあべ静江と共に車椅子で出演。一曲のみの歌唱であったものの約1年ぶりにステージへ復帰した。
2022年6月27日(73歳) 腹膜がんのため都内の病院で死去。

 

20歳でデビューし

73歳までの53年間

歌手として第一線で

活躍されてきました。

 

スポンサーリンク

 

葛城ユキさんの代表曲は?


出典元:https://wmg.jp

 

53年間の歌手生活を

駆け抜けた葛城ユキさんの

代表作を紹介します。

 

葛城ユキさんの

歌手デビュー作

本名の田中小夜子名義で

リリースした『夜を返して』です。


出典元:https://www.discogs.com

 

その後

朝霧マチに芸名を変えて

1973年の第6回ヤマハポピュラーソングコンテスト

に出場し「小さな出発」で歌唱賞を

受賞します。

当時の音源がYoutubeにありました。


出典元:https://www.youtube.com

 

1974年には

葛城ゆきに改名し

『木曽は山の中』をリリース。

この当時はまだ

ロック調の曲ではありません。

 

しかし持ち前の歌唱力が

生かされた曲になっています。


出典元:https://www.youtube.com

 

1970年代後半には

葛城ゆきから

葛城ユキに再度改名します。

 

葛城ユキとなってからの

初のヒット曲が

1980年にボニー・タイラーの

「Sitting on the Edge of the Ocean」を

カバーした「哀しみのオーシャン」です。

それまでの曲調から変わり

ロック調に変わり

独特のハスキーボイスが

活かされているように

思います。


出典元:https://www.youtube.com

 

そして1983年には

葛城ユキといえば

『ボヘミアン』と言われる

ほどの代表曲が大ヒットします。


出典元:https://www.youtube.com

 

力強くそして哀愁がある

ハスキーボイスと

ロックサウンドが

当時の歌謡界に

大きな衝撃と話題を

提供していました。

 

スポンサーリンク

 

葛城ユキさんの家族は?


出典元:https://www.sanspo.com

今でこそガールズロックが

違和感なく存在していますが

葛城ユキさんは

おそらくガールズロックの先駆け

であったと思います。

 

彼女にあこがれてロックする

少女が多数いたと思います。

 

相川七瀬さんや

SHOW-YAの寺田恵子さんも

その中の一人ですよね。

 

そんな葛城ユキさんの

プライベートが明かされる

ことはあまりなく

家族がいたのか

気になり調べてみました。

 

プライベートが

公表されていなかった

葛城ユキさんですが

ある事件がきっかけで

結婚されおり

ご主人がいることが

判明します。

 

1983年に大ヒットした

『ボヘミアン』世間から

注目を集めていた当時

青森県八戸市でのコンサート先で

腹膜炎を発症し

緊急搬送されすぐに

帰京し緊急手術を受けます。

 

マスコミ各社が病室を

尋ねると本名の

田中小夜子の名札ではなく

違う姓の名札が掲示されていた

ことにより結婚が発覚します。

 

所属事務所には芸能マスコミから

取材が入り

「4年前に結婚、相手は一般のサラリーマン

ということが判明します。

葛城ユキさんは

「この世界とは関係のない人だし、言う必要もなかった。

別に隠していたわけでも、ウソをついていたわけでもない」。

とコメントされています。

 

結婚されていたのは

事実なので

お子様の存在もきになりますが

今回の

死去に関する

報道を見る限りでは

きょうだい、マネージャーに

看取られて息を引き取った

様なので

お子様は存在していないのかも

しれません。

 

またご主人ともすでに

死別されている可能性

あると思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は

2022年6月27に永眠された

ロックシンガー

葛城ユキさんについて

書いてみました。

 

心よりご冥福を

お祈り申し上げます。

 

いかがでしたか?

参考になりましたでしょうか?

みなさまのお役に立てれば幸いです。

 

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました